睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

眠りに関する悩みは現代人にとって今や当たり前の症状になり、多くの人が良質な睡眠をとることができないという事に悩んでいます。

 

そこで頻繁に取りだたされているのが睡眠障害や不眠症といったキーワードです。

 

では、睡眠障害不眠症にはどのような違いがるのでしょう。

 

また、解消のために効果的な睡眠サプリはどのようなものを選べばいいのでしょうか。

 

睡眠障害と不眠症について、その違いや解決方法をご紹介します。

 

 

睡眠障害と不眠症の違いは?

まずは、睡眠障害と不眠症はどう違うのか、その違いについてご紹介します。

 

睡眠障害と不眠症には深い関係性があり、その仕組みやメカニズムを知ることで解決方法の選択肢にも幅が出てきます。

 

睡眠障害の分類(種類)

睡眠障害には大きく分類して7つの種類が存在しています。

 

睡眠障害に悩んでいる人の大部分は以下の7つの分類に区別することができます。

 

不眠症

睡眠障害の中でも最も多くの人が悩んでいる症状が、不眠症です。

 

つまり、前述の睡眠障害と不眠症の違いというのは、簡単にいえば睡眠障害という大きなくくりの中にある、睡眠障害のうちの一つが不眠症ということになります。

 

 

不眠症の種類

不眠症には主に4つの分類があり、それぞれ症状が異なります。

 

入眠障害

目が冴えてしまってなかなか寝付くことができないというタイプの不眠症です。

 

布団に入って眠ろうとしてから30分から60分たっても寝付くことができないと、入眠障害という不眠症である可能性が高くなります。

 

中途覚醒

寝ている途中で何度も目が覚めるのでぐっすりと長時間眠ることができない、一旦目が覚めてしまうと眠れなくなってしまうという症状です。

 

高齢になるほど発症しやすく、夜中に二回以上目が覚めるという場合はこのタイプの不眠症です。

 

熟眠障害

睡眠時間はきちんと確保して中途覚醒などの症状がないにもかかわらず、朝の目覚めが非常に悪い、辛いといった症状です。

 

睡眠時間は取れているので気が付きにくい不眠症です。

 

早朝覚醒

自分が起きようと思った時間の2時間以上前に目が覚めてしまい、>再び寝付くことができないといった症状を伴います。

 

中途覚醒同様高齢になるほど起こりやすくなります。

 

「これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?」でも、不眠症かどうか確認項目をまとめていますので、あわせてご覧ください。

 

睡眠関連呼吸障害

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

 

睡眠時無呼吸症候群をはじめとした、睡眠中に呼吸が止まったり困難になったりするといった症状を伴う睡眠障害です。

 

10秒以上止まる無呼吸を一晩に30回以上、または1時間に平均5回以上起こる場合にこの症状を疑う必要があります。

 

呼吸が止まっている事や大きなイビキをかいていることは、眠っている本人は自覚していないため、発見しにくい睡眠障害ともいえます。

 

また、呼吸が再開する時には脳が覚醒しているため、深い熟睡をすることができずに昼間の突然の眠気などを誘発し、事故につながるケースも多くなっています。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

 

過眠症

夜しっかりと眠れているにもかかわらず、日中強い眠気に襲われるという症状があります。

 

ナルコレプシーという、恐ろしい危険な症状を引き起こすこともある睡眠障害です。

 

概日リズム睡眠障害

睡眠と覚醒のリズムは、ホルモンや自律神経、免疫や代謝系統などと同じように体内時計によって一日のリズムに調節されています。

 

このように繰り返し同じようなリズムを刻んでいく体の自然な働きを概日リズムと言います。

 

この約一日のリズムを調節することが上手くできないなり、朝の目覚めがなかなかスムーズにいかないという症状がある場合、概日リズム睡眠障害である場合があります。

 

一般には体内時計のリズムが狂うなどとも表現されていますね。

 

学校に遅刻したリ乗り物に遅れてしまうといった困ったことにつながってしまうため、社会生活に支障が出てしまう可能性のある睡眠障害です。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

睡眠時隋伴症

睡眠中に行動を起こしてしまう睡眠障害で、代表的な症状に夢遊病などがあります。

 

小児に起こりやすく、見ている夢とリンクして行動してしまうことが多くなります。

 

睡眠関連運動障害

この睡眠障害でとくに有名なのが、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害があります。

 

夕方から夜にかけて足にしびれや痒み、痛みなどが出て眠れない、手足にぴくぴくとした動きがあるために寝付くことができないといった症状になります。

 

その他の睡眠障害

上記の6つの睡眠障害以外にも、未解決の諸症状、睡眠には関係のない病気の影響によるものや突発的なものなどがあります。

 

眠りに関する悩みがある場合、まずは睡眠サプリでセルフケアを

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

 

上記のように睡眠障害にはいろいろな種類がありますが、その中でも特に多い不眠症で悩んでいるのであれば、まずはセルフケアで対処してみるようにしましょう。

 

セルフケアに用いるツールとして最適なのが、睡眠サプリを利用してみるということです。

 

睡眠サプリにはスムーズに睡眠に入るための成分、充実した眠りを確保するための成分、朝の目覚めをスッキリとさせてくれる成分など、眠りの悩みにトータル的に対処することができる成分が入っています。

 

睡眠サプリメントのメリットとは?

 

大腸や内臓機能の働きをアップさせる成分が入っているものも

良質な睡眠をとるためには、体の内側の働きやめぐりも良くなければなりません。

 

そのため、睡眠サプリの中には、乳酸菌を配合して腸の働きを促進するといった効果のあるもの、ホルモンバランスを整える働きをする成分などを配合しているものもあります。

 

体の内側の機能を改善することで眠りも充実させることができるのが、睡眠サプリの大きなメリットだといえます。

 

また、セルフケアでは症状が改善せず、継続している場合は、「不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?」を参考に、一度専門医の診察を受けてみることも検討してくださいね。

 

まとめ

睡眠をしっかりと取るということは、自分の生活だけでなく体の健康にも非常に重要な事です。

 

睡眠が上手く取れていない、睡眠に関する悩みを抱えている人は、まずは睡眠サプリを利用して自分の睡眠を少しでも良質なものにしてみましょう。

 

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!